« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

vintage・・・

「PSE」って聞いて、最初、

「ソニーの新型ゲーム機かぁ?」

・・・って、マジボケしたわけですが(><)

「電気用品安全法(PSE法)」ってのがあるらしく、「国の安全基準に適合することを示す「PSE」マークがない一部家電製品の販売が4月から禁止される」ってことなんですってね、去年まで知りませんでした、そんなもんが日本で施行されようとしていたなんて。

興味を持ったきっかけが、対象となりそうなものの中に、音楽史において外すことのできない「moog」などのアナログシンセも含まれていたわけで、YMOオンタイム世代としては、行く末をヒヤヒヤしながら気にしていたわけですわ。当然、今でも時代を作ったような機種は今でも愛用されていますし、デジタルシンセよりも音が暖かい感じがして、オレは好きです。

今回の問題も色々あったみたいですが、結局、音楽関係者や楽器販売関係など、多方面からの猛反発により、例外として認められたみたいですが、「いわゆるビンテージもの・・・」のくだりには、ちょっと苦笑いですわ。

さらに、対象除外リストを見てみたんですが、

・・・まぁmoogなんかは分かる。YAMAHA DX7あたりも、とても納得できるなぁ。でも、・・・KORG M1とかYAMAHA EOSとかも「ビンテージ」に入るのかね・・・。まぁ、経産省のリスト自体がメチャクチャだ、という指摘も多いみたいですが。まぁ確かに懐かしいんだけど・・・Vintageっていう響きに対して、しっくりこないなぁ(^^;)

・・・こんな風に感じるオレ自身が、ある意味じゃあ「vintage(年代もの・・・)」なのかもしんない。

以上、中途半端にmaniacで、申し訳ないっすm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

プロレス、ハシゴで・・・

前回の書き込みで触れましたが、先週金、土と、プロレス観戦してまいりました。

金曜日はTNA(Total Nonstop Action)という名の団体です。

WWEに次ぐ、アメリカ第2の団体と言われておりますが、正直言って、集客力、選手層という意味では、まだまだこれから、という印象です。

まぁでも、今回は明らかに翌日のWWEを意識したマッチメーキング。

それと、何と言ってもTNAの魅力はコレ

tna_christian_saboo_rhyno_ajstyles  

 

 

6角形リングです。この写真はメイン(クリスチャンvsジェフ・ジャレット)終了後、王座防衛したクリスチャンのマイクアピールの場面です。

※※※※※※※※

翌日はWWE。この日のイベントは、全米生中継(ペイパービューじゃなく)されましたが、見所満載だったので(特にレッスルマニア直前ということもあり)、行きました。

wwe_hhh_cena_vs_angle_misterio_orton  

 

 

第一試合からものすごかった。

HHH、ジョン・シナvsカート・アングル、レイ・ミステリオ、ランディー・オートン

という、超豪華カードなのですが、これって、

レッスルマニアの対戦相手同士がタッグを組んでいるわけで・・・

こんなもん、試合として成立するはずがありません。

それから、楽しみにしていたのが、この人

wwe_undertaker アンダーテイカー様。

 

 

この日は、試合はなかったんですが、やはり強烈なインパクトを残しました。

・・・こうなってくると、レッスルマニア、行きたいけど、時期的、金銭的(シカゴなので)両面で厳しいので、なかばあきらめ気味です・・・

両日を通して、団体のカラーがハッキリしていて面白かったです。

どっちが好みかっつうと、・・・WWEかな?

エンターテイメントへの徹底ぶりが潔くて好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

きっと、ふとした事なんだろうけど・・・

この金曜土曜でプロレス観戦のハシゴをしました。両方とも素晴らしかったんすけど、なんとなく更新ネタにする気が起きないので(まぁただの気まぐれですが)、その話はまぁあとで。

日曜日の昼下り、ちょっと遅い昼食を、ということで、Baja Freshでブリトーを食ってました。そこで見かけたアメリカ人の家族に、なるほど、と思った瞬間がありました。

男の子がお店のテーブルを汚してしまった(マジックの類いで取れない?)らしく。日本人の親なら、感情的にしかったり、手をぶったりだとかしそうな場面(あるいは、そのままお店にも言わないで放っておくか)ですが、その親はというと、その子に「いけない事をしたんだよ」「お店の人も困るよね」「どう思う?」と言った感じで、とにかく穏やかに、ロジックに、かつ、きちんと子供に諭すようにしてました(けっして感情的になることは無かったです)。さいごに、お店の人にまず親がわび、その後で子供にも謝ることを促してました。お店の人も「OK!」ってな感じで許してました。子供はと言うと、泣いてはおりましたが、悪いことをした、という意識は植え付けられたことでしょう。

私には子供とかいないわけだけれども、「しかる」「しつける」という事に対して、「そうかぁ、こういうことかぁ」と思った瞬間でありました。日常のちょっとした事でも勉強になる事はあるものだと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

SAKURA in Music City

今、テネシーはナッシュビル空港のコンコースから書いております。

nashville_airport

まさか、こんなことが簡単にできる世の中になろうとは、10年前には想像すらしてませんでした。だって、まだ、ポケベル全盛だったわけだから(^^;)

 

ここテネシーは気温的にはミシガン=北海道とすると、宇都宮~東京ぐらいの感覚です。

そういうわけで・・・

cherry_blossum_in_tn 桜が咲いてます。5分咲きでした。

桜好き、花見好きとしては、申し分ないんですが、いかんせん会社の工場の門に咲いているので、桜を見ながら一杯、というわけにはいかないみたいです。

つうわけで、そろそろフライトみたいなので。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

VIVA! MEXICO!!

WBCのアメリカーメキシコ戦をTV観戦しておりました。

最初はなんとなくだったんです。んで、TVに映ったのが、

Semifinal「USA/JAPAN - KOREA」

・・・??

あれ?日本って、まだ可能性があるのか?負けたんじゃあ・・・と思い、インターネットでチェックすると、

アメリカが負けると、アメリカ、メキシコ、日本が1勝2敗で並び、失点率の低いチームが準決勝に進む、とある。さらに・・・

アメリカが2失点で負けると、日本が準決勝進出、とのこと。

もう一回TVに目を移すと、

8回表、メキシコ2-1アメリカ

・・・断然メキシコ応援!!

9回表、1アウト1、2塁のメキシコピンチの場面にリリーフしたのが、名前を忘れちゃったけど某選手、背番号51番

・・・イチローと一緒だ。こ、これは何かが起こるに違いない、と思っていたら、次の瞬間、ダブルプレーでメキシコ勝利!!!

mexico_wins

ホテルの一室で、大声で叫んじまいました!

 

日本チームの選手の方々には、タナボタだと思わず、運も実力のうち、ぐらいの気構えで、今度こそ韓国を打ち破ってほしいもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

プンスカ

え~・・・出張で今、テネシー州ナッシュビル近郊に来ております。

ちなみにこれを書き始めたのがテネシー時間の3月16日0:20です。

ホテルに着いて早々書いている訳なんですが、本来ならばもう1時間早く到着しているはずでした。

デトロイト15日PM9時ちょうど発、のはずでした・・・。いつものごとく10分ほど遅れて搭乗。その後、10分、20分と、あっさり時間は過ぎていき、「なかなか出発しないなぁ」と思っていたちょうどその頃、機長が何か言ってます。よく聞くと・・・

他の飛行機の荷物を積んでしまったので、今積み直しているところで、もう少し時間をください。ごめんなさい。

・・・みたいなことを、アッサリ言ってやがります。

Oh, This is America!

しかも、ごめんなさい のところは、当然

「I apologize.」

なので、あんまり謝られてる気がしなくて、さすがに軽くカチンと来ました。

一人でテネシーを運転するのは初めてなのに、その一件ですっかり疲れきった私、案の定、道を間違えたりしつつ、なんとかホテルへ。

このやりきれない気持ちを書かずにはいられなくて、書きました。

もう思い残すことはないので、寝ます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

Henry Ford Musium

ミシガンに来て11ヶ月もたって、初めてHenry Ford Musiumに行きました。

昔から、近所にある名物と言われるところには、なかなか足が赴かない私。だいたい足が赴かない場所ってのは、別に行きたくないわけじゃなく、「なんとなく」行かないだけなんですけどね。今回のきっかけは「日本からの出張者をどこかに連れて行くこと」だったし。

それでいて、いざ行ってみると結構ハマッてしまう、という困った習性の持ち主である私、今回も例外なくハマりました。

特に今回の収穫である、大好きなコルベットちゃんにも会えたし。下の写真です。

1955_corvette_roadster 1955年のコルベットロードスター!

これ、ほしいっすねぇ~。でもたぶん、いまだに現役で動いているヤツって、数えるぐらいしかないのかな?

スティングレイくんも大好きですが、こっちのほうが可愛げがあって好きですね。

他にも色々なクルマがいたんですが、圧巻だったのがこれら。

SL このSL、半端なデカさぢゃあなかったっす。

長かったし。どういういきさつで展示されているんだか、調べる時間が無くて良く分からなかったけど。

さて、次。

Airplane まさか、飛行機まで・・・。

これ以外にも、キャンピングカー、昔のホテルの一室の模型から、アメリカの家具の歴史に至るまで、もうとにかく何でもあり、の世界が繰り広げられてました。なかなか面白かったっす。

今回は出張者のフライトまでの時間つぶしで連れてったこともあり、1時間しか見て回る時間が無かったけど、次回はもっとゆっくり見て、新発見があればご報告しやす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

Autorama

先週の土曜日に「Autorama」なる展示会に行ってきました。

簡単に言うと、「アメリカのクルマ好きな人が、自慢の車を見せ合う展示会」なんだけど、雰囲気的には「東京オートサロン」にやや近かったです。

でも、すごいな、と思ったのは、昔の車であっても、今風にしてしまうような人もいるってこと。例えば、この写真。

coupe オレから見たら、ほとんど、タイムボカンシリーズのこのクルマ、1933年のフォードクーペがベースになってまして・・・日本人だと、フルレストアとかして原形を保ちたがる人がほとんどの気がするけど、アメリカ人、基本的に自分から楽しむことが好きですね。

もちっと色々書きたいし、色々写真を紹介したいけど、出勤前なので、こんなもんで。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »