« イエローキャブ | トップページ | Destiny's Child »

2005年8月13日 (土)

音楽の神様

っていうと、大げさかもしれませんが。さて、誰のことでしょう?

NYに、どうしても行きたかった場所がありまして、行ってみました。

場所はセントラルパークの西側、公園内の「ストロベリーフィールズ」を更に西に少し歩くと、地面に写真のような場所と人だかりが。

IMAGINE → 第一ヒント。

   ここで彼は凶弾に倒れました。

 

dacota_apart → 第二ヒント。

   亡くなる直前まで、彼はここに住んでました。

 

まぁ、分かる人には簡単なんですが、正解はJohn Lennonです。

彼の音楽との出会いは、実は彼が無くなった時にFMで「追悼特集」みたいなのを聴いたのが初めてでした。

そのときに流れていた、「(Just like)Starting Over」や「Woman」が自分の中では洋楽の「原体験」です。(ちなみに、アメリカにいて「洋楽」という言葉を使うと、違和感を感じますが・・・)

歌詞の意味は全く分からなかったんだけど、涙が出てきました。音楽で涙が出たという体験がそれまでなかったし、なんで涙が出たのか、当時の自分には理解できなかったので、びっくりした記憶があります(当時まだ小学生だったし)。

以来、熱狂的なファン・・・というわけではないのですが、洋楽を聴き始めるきっかけになった、そして英語に興味を持つきっかけになった、という意味では、自分にとっての「音楽の神様」なのかもしれません。

|

« イエローキャブ | トップページ | Destiny's Child »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52768/6000317

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽の神様:

« イエローキャブ | トップページ | Destiny's Child »