« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月15日 (月)

Destiny's Child

Vacation最終日となる昨日、「Palace of Auburn Hills」(NBA、デトロイトピストンズのホーム)に行って来ました。目的は「Destiny's Child」のLiveです。

彼女たち、このツアー(9/10のバンクーバーまで)をもって解散する、ということで、これは是が非でも行かなくては、ということで、行ってまいりました。

というのも私、もともと女性3人グループ、しかもハモリが良いグループが大好きなんです。古くはシュープリームスから最近だと彼女たちまで。3人ってのが、なんだかハモリのバランス的には心地よく聞こえるのが、好きな理由です。んで、一番大好きだったのがTLCだったんですけど・・・Left Eyeが事故死したために、TLCという形ではもう見られないわけですわ。何度か来日Live見られるチャンスがあったのに。

で、もうチャンスは逃しちゃいかん、ということで、多少スケジュールをもろもろ調整しなければいけなかったのと、NY戻り直後で体調が悪かったのですが、「這って」行ってまいりました。

んで、感想なのですが・・・全体的には大満足。Opening Actが3組、計1時間以上もかかった事に不満でしたが(しかも、私はその人たち知りません。周りは盛り上がってましたが・・・)、彼女たちが出てきた瞬間から、盛り上がり方が3倍、もしくはそれ以上、という感じでした。

途中、それぞれのプチソロライヴコーナーがあったりしたんですが、曲数の比率で言うと

Beyonce:Kelly:Michelle=6:2:2

という感じだったかな?でも、KellyもMichelleもメチャメチャ聴かせてくれましたよ。少ない曲数でも「濃さ」ではBeyonce姫様には負けてない、と思いましたわ。

まぁ、人気的にはBeyonceが圧倒的みたいで、このことが解散を早めたような気もします。

そんなこんなで、アンコールの「Lose My Breath」が終わった頃には22:30過ぎてました。・・・アメリカのLiveって、こんなんばっかりなんだろうか?ともかく、おなかいっぱいですわ。最高でした!

・・・さて、明日から仕事かぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月13日 (土)

音楽の神様

っていうと、大げさかもしれませんが。さて、誰のことでしょう?

NYに、どうしても行きたかった場所がありまして、行ってみました。

場所はセントラルパークの西側、公園内の「ストロベリーフィールズ」を更に西に少し歩くと、地面に写真のような場所と人だかりが。

IMAGINE → 第一ヒント。

   ここで彼は凶弾に倒れました。

 

dacota_apart → 第二ヒント。

   亡くなる直前まで、彼はここに住んでました。

 

まぁ、分かる人には簡単なんですが、正解はJohn Lennonです。

彼の音楽との出会いは、実は彼が無くなった時にFMで「追悼特集」みたいなのを聴いたのが初めてでした。

そのときに流れていた、「(Just like)Starting Over」や「Woman」が自分の中では洋楽の「原体験」です。(ちなみに、アメリカにいて「洋楽」という言葉を使うと、違和感を感じますが・・・)

歌詞の意味は全く分からなかったんだけど、涙が出てきました。音楽で涙が出たという体験がそれまでなかったし、なんで涙が出たのか、当時の自分には理解できなかったので、びっくりした記憶があります(当時まだ小学生だったし)。

以来、熱狂的なファン・・・というわけではないのですが、洋楽を聴き始めるきっかけになった、そして英語に興味を持つきっかけになった、という意味では、自分にとっての「音楽の神様」なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月12日 (金)

イエローキャブ

・・・っつっても、巨乳軍団じゃないです。

すいません、ボケからスタートして。

NYのタクシー、2回ほど乗りましたが、

1回目の運転手

イスラム系の人(名前がそうだった)

2回目の運転手

アフリカからいらしたと思しき方

(名前、およびカーステレオから流しているCDの、太鼓の音から)

でした。

移民が多いとはいえ、アメリカ人の運転手、いないのかもしれない。

・・・そんだけです。

どうしても気になったので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月10日 (水)

二人の日本人

今日は、行ってきました、ヤンキースタジアム!!

カードは「ヤンキースvsホワイトソックス」!!

yankee_studium ← 球場内はこんな感じ。

  (撮影順序は、気にしないでおいてください)

 

目当ては、もちろん、ヤンキース!特に松井!

matsui2 ← 今回はいい席なんで、しっかりと顔、写りました。

   顔がでかいので、写しやすいです(><)

 

それに加えて、Wソックスの井口の活躍ぶりも気になってます。

iguchi2 ← こんな感じ。

   相変わらず顔が黒いので、キューバの選手かと思った(><)

 

この日、球場には「53927人(確か・・・)」の中(たぶん日本人も結構いたと思う)、オールヤンキースファンかと思えば、意外とそうでもなく、あちらこちらにWソックスファンも。

試合は投手戦という感じで、打撃戦大好きな僕としては、やや不満な流れでした。

しかも、先制点はWソックス。しかもしかも、井口の10号ソロHR、という形で。日本人の活躍を喜びたい半面、ヤンキースキャップかぶってる以上、なかなか喜びにくい雰囲気もありました。でも・・・

iguchi1 ← 心の中では、「おぉ!井口、すげぇ!!」

   でした。

 

井口の先制点のあと、9回表、Wソックス・コナーコのソロHRで2-0。

9回裏、ヤンキースファン、ヒートアップ!

・・・日本だと、なんとなく負けムードが漂うんですが、なんなんでしょう、アメリカ人・・・って思ってたところ、

アレックス・ロドリゲス、やってくれました、ソロHR!

これで、2-1だぁ!

しかも、次は松井だぁ!!

matsui1 ← ここでHR出たら、延長もあるなぁ。

   帰れなくなったら・・・いやいや、

そんなことぁこの際どうにかなる。

やべぇ、興奮してきたぁ!!

あ、打ったぁ!・・・ライトライナーかぁ!でも、頑張った。

しかも、興奮は続きます。この後、2アウト1,3塁!

サヨナラ勝ちの雰囲気プンプンのところに、代打・・・

バーニー・ウィリアムズ様、登場!!

会場、俄然盛り上がりまくり!でしたが、1球目をファーストライナーで、終了。

結果は2-1でヤンキース敗れましたが、試合の流れとしては最後で興奮させてもらえたんで、満足です。松井4打数無安打、早く快音復活してほしいもんです。

追記:

あとで知ったのですが、ヤンキースを8回まで完封していたWソックスの投手、こないだまでヤンキースにいた選手(コントラレス選手)だそうです。ここにもドラマがあったようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 9日 (火)

十字架は語る

・・・なんて、ものすごく暗いタイトルでございますが、NYのLower Manhattanといえばもう一つ、行っておかなければならない場所があったので行ってまいりました。

「World Trade Center跡地」そうです、今は「Ground Zero」と呼ばれている場所です。

ここは、僕にとっても象徴的な場所。実は、あの事件があったおかげで、初めてのアメリカ出張が中止になったんです。そして、TVであのビルが崩れていくさまを見て、「誰かのわがままで、関係ない人の命が、こうも簡単になくなっていくんだ・・・」と、どうにもできないむなしさを感じたもんでした。

cross_at_ground_zero ← この写真、ちょうどグランドゼロの中心あたりにある、鉄骨で造られた十字架です。ここで亡くなった方々に捧げてるようです。

 

んで、誤解を恐れずに書きますが・・・この光景全体を見て、どう思ったか。

当事者の方々には、本当に失礼かもしれないんですが、あの十字架には感じるところはありましたけど、それ以外は「工事現場だなぁ」、と。

人は、自分の身近な人が傷ついたりしないと感情移入できない、悲しい生き物なのかもしれません。特に日本人、そうですよね。よくニュースとかである、「日本人の被害者はいません」とか「○○人です」とかに一喜一憂している。他の国の人は被害にあっている、というのに。僕も、そういう生き物なんだな、と、妙に客観的に感じていました。更に言うと、あれからもう4年もたち、当時のような衝撃的な気持ちにはなりませんでした。

また、「こんなひどいことにも負けず、新たなビルを建てることで立ち向かおう」というのか、何と言うか、アメリカの人々のそういう「たくましさ」みたいなものも感じました。僕が同じような状況になって(例えば、愛する人を事故で失って)、果たしてすぐに立ち直れるだろうか?

そんなことを感じつつ、次にどこに行こうかと、「地球の歩き方」を開いて検討していたところ、この現場の程近いところに、教会がありました。「St. Pauls Church」というこの教会、

st_pauls_charch_1

← 外装はこんな感じで

 

 

 

 

 

st_pauls_charch_2 ← 内装はこんな感じです。

 

 

この教会は、あの日あの瞬間にも、ほこりにまみれながら、あの惨劇を見続けていたんだなぁ、お墓の中の人たちと一緒に。つらかったろうなぁ、なんにもできなくて。

というわけで、この二つの「十字架」、妙にいろいろと考えさせてくれました。普段、こんなこと考えない「チャランポラン」な人間なんですけどね(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Girl Friend in NY

NY生活?2日目。

NYといえば、あの女性に会いに行かないといけないでしょう。

というわけで、地下鉄に乗って行ってきましたよ。

こっちの地下鉄、安っ!この話はまた後で。

んで、Lower ManhattanのSouth Ferry Stationで降り、Battery Parkまで歩くこと3分。

おりましたよ、彼女が。

man_of_liberty → ほら、こんなに近くに。

   しかも、記念撮影なんかしちゃって。

 

・・・ベタなボケ、本当にすいませんm(_ _)m

さてさて、ここから1分歩いたところ、遠くにいましたねぇ、巨大な彼女が。

statue_of_liberty → どうも、天気が悪くて、こんな感じでした。

   しかも、近くまで行くのに船に乗る必要があ

   るんだけど、チケット購入で30分、船着場か

             ら船に乗るのにさらに30分、という感じで、

・・・近くに行くのはあきらめました。天気良い日にまた来ようと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 8日 (月)

New Yorkの友達

やってきました、ニューヨーク。

やっとたどり着いたという感覚です。実は出発前日にアダム君のところのパーティーに呼ばれ、すきっ腹のままガンガン飲んでしまい、つぶれちまいまして(><)

二日酔い・・・というか、酔ったままの状態で飛行機に乗りました。気持ち悪くて死ぬかと思った(><)

そんで、もったいないんだけど、今はちょっとホテルの部屋でくつろぎ中。

でもでも、昨日チェックインまでの間に気持ち悪い状態のまま、「アメリカ自然史博物館」に行って参りました。

museum ←ここに、長年会いたかった友達がいまして。

 

 

tyrannosaurus_rex ←彼の名前、ティラノザウルス・レックス君と申しまして・・・。

 すいません、ベタな紹介で。

まぁ、彼を代表とする、たくさんの恐竜の化石をはじめとして、宝石から民族衣装から遺跡出土物から563カラットのサファイアから・・・全世界の様々なものが見られ、とても楽しかったです。

何より、「館内を撮影できること」に一番驚いた。日本の博物館って、どうだったか覚えてないけど、たしかNGだったと思ってたんで。

ちゅうわけで、ボチボチ写真も載せつつ、一週間エセニューヨーカー生活を満喫しますわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 6日 (土)

いざ、New York!

・・・ってほど、気合が入ってるわけぢゃあないのですが(^^;)

8/7~12の間、エセNew Yorkerとしてあちこち徘徊します。

とりあえず決まってるのが、

往復の飛行機、

ホテル、

ヤンキースVSホワイトソックス観戦(2戦連続)

・・・以上です(^^;)

あとは、ぼんやり考えてるのが

自由の女神

グラウンドゼロ

メトロポリタン美術館

MoMa

ラーメン食う

ぐらいかと。

それで今、バタバタとしております。

というのも、今週は二日間テネシーにある工場への出張、しかも現場では問題が発生してしまい、その対応に追われてしまいました(内容は言えませんが・・・)

そんな状況なのだけど、家の中は「いつものように」なってるわけで、

掃除やら洗濯やらしつつも旅の準備もしなくてはいけない。

ガス代やら電気代の支払いもしなくちゃ(つっても、小切手きって投函するだけですけど)。

これからShannon先生も来るし・・・もう大変!

まぁでも、こうやってブログにコメントかいてるぐらいだから、きっとまだ余力がある、ってことにしておこう(^^;)

ではまた。次はNew Yorkからかけるといいな、と思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 2日 (火)

試運転してみた

秘密兵器(7月19日日記参照)の広角レンズ、来週のNY旅行の前に、クセとか確かめたかったので、Kensington Parkに行って参りました。

んで、撮ったのがこれ。

kensington073105 

 

今までの標準レンズも、そこそこのワイド感は出せていた気がしますが、

やっぱ・・・風景にはよさげです。

でも・・・僕がNYの建物なんかを撮るのに、使いこなせるのかは、分かりません(><)

まぁ、結果をお楽しみに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »